視力検査で風をあてるヤツが怖過ぎる




視力が低下していると、眼鏡やコンタクトレンズで矯正しますよね。私も学生時代から眼鏡が好きで、たくさんの眼鏡を集めていました。

その時に通らなければならないのが、視力検査です。その中でもとくに厄介なのが

眼圧検査

目の悪い方なら経験したことがある、あれです。あごを装置に乗せて、ロックオンされて検査員のタイミングで打ち込まれるあの空気砲。くるぞくるぞと思いながら待たなければならない恐怖といったら、日本で一番古い木造ジェットコースターに乗るのと良い勝負です。

本当に必要なのか、調べてみました。

眼圧とはなに?

意外と知られていない眼圧は、読んで字のごとく目の玉の圧力をいいます。眼球の硬さを見る検査という方がわかりやすいですね。この目の硬さは正常範囲は10~20mmHgとされ、目の調子の一つの基準になるようです。

基準値から高すぎる場合には緑内障などの病気の疑いが見えたり、低い場合にも網膜などの不調のサインになることもあります。目の病気は自覚症状がないこともあるようなので、やっておきたいというお医者さんもいるようです。

 

妻と仲良く視力補正の巻

私も眼鏡好きなのですが、妻もなかなかの近視なのです。2人で新しい眼鏡を買いに行ったのですが、衝撃の光景が。

なんと、

ビビりすぎて検査員の方に身体を抑えられてる!!

くたくたになった妻に何が起きていたのか聞いてみると、やはり風が当たるのが怖くて目をつぶってしまうそうなんです。

それはわかったけれど、身体を抑えられる理由にはなってない。気になったのでもっと詳しく着てみることがした。

 

にじまる
何があってあの状態?
おかっぱ
風が怖くて目を開けてられないの
にじまる
でもさ、大人2人に身体抑えられてたじゃない。なんで?
おかっぱ
うん。まずは検査員の人にまぶたの部分を抑えられてたのだけど、、
にじまる
・・・
おかっぱ
今度は椅子を引いて逃げるもんだから、もう一人が現れて下がるのを抑えてた。

 

眼鏡を買いに行って、検査室で大騒ぎしているのを初めて見ました。しかも、自分の身内とは。。

家族って楽しいですね☆笑いが絶えません。

 

 

 

 

 

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です