YouTubeアフィリエイト顔出しNGでもできるジャンルは?

顔出しNG




youtubeでは多くのユーチューバーが顔出しで活躍しています。しかし、さまざまな事情によって、顔を出せない人もいます。動画作成者が勤める会社が副業を厳しく規制している場合がそれです。

また、公務員である場合も副業したことで処分の対象になりかねません。

それでは、顔出しできない動画作成者は収益を上げることは不可能なのでしょうか。

いいえ、違います。

動画作成者が顔を出さなくても収益をあげることは可能です。以下、詳しく述べたいと思います。

顔出しと動画の収益は関係ない

確かに、多くの有名ユーチューバーは顔出しで活躍しています。自分の動画に顔を出すことは、それだけで、大きなインパクトになり、見る人を惹きつけます。

しかし、顔を出さなくても再生数を伸ばすことは十分に可能です。

たとえば、コーラにメントスを入れて、噴水のように吹き上がらせる動画は大流行しましたが、必ずしもそこには人が映りこむ必然性はありませんでしたよね。また、多くのゲーム配信動画は大人気ですが、プレーヤーの顔が出ていない場合がほとんどです。

もちろん、動画を見る側からすれば「この作成者はどんな人なんだろう」という思いがあり、それが興味の対象となります。

サムネイルに作成者の顔が映っていれば動画再生につながるでしょう。しかし、顔出しは収益を上げるための戦略のひとつであって、絶対に必要にな条件ではないんです。

顔出ししなくても問題のないジャンルを選ぼう

顔出ししないジャンルとして「面白ネタ配信」があります。時事ネタを自らの視点で解説していくのです。声だけでできます。

ボイスチェンジャーを使用すればプライバシーは守れます。それでも抵抗のある方は読み上げソフトを使うといいでしょう。実際に読み上げソフトを使って再生数を稼いでいる動画は多数存在します。

ただし、読み上げ系ソフトを使ったものは、もしかしたらですが規制がかかるかもしれないということは念頭においておいても良いでしょう。ただ、現時点では全く問題ないです。顔出し、読み上げ系でもコンテンツがしっかりしていて後に顔出しをして公に活動を広げている方も多数存在ます。

ただし、間違えたら格好悪いと感じてソフトを使おうとしている方は別、是非頑張って自らの声を使ってみてください。意外に思うかもしれませんが読み間違えるくらいの方が魅力的なんですよ。

顔出ししない動画の注意点

注意点

顔出ししない動画を作成する際に、注意する点をいくつか紹介します。

視聴者の目線で考える

まず、顔を出そうが出すまいが動画編集の重要性には変わりありません。いくら良い素材を用いても、見せ方が稚拙で視聴者のことを考えられていなければ再生数につながりません。

どの順番で見せるか。もったいぶっていないか、逆に、最後まで見なくてもいいと思われていないか、視聴者が最も見たい情報を先出ししすぎないよう注意しながら編集しましょう。

自己ブランディングを考える

次に、自分のキャラを明確に決めておきましょう。顔を出していない分だけ、動画作成者のキャラクターがわかりにくくなります。最初にどんな伝え方にするかを決めることは重要です。キャラクターとは、「この人の作る動画はこのようなジャンルなのだ」と一目でわかることを指します。

例えば、料理の動画なら料理に絞る。面白ネタを収集するのであれば、特定のジャンルの面白ネタを掘り下げる。これらを工夫することによって、初めて見た人が見たい内容を教えてくれるかどうかを判断しやすくなります。わかりやすければ他の投稿者との差別化を図ることができ、ファンが着実に増えていきます。

シリーズ化を基本とすること

再生されている動画については、シリーズ化することもチャンネルを繰り返し見てもらうためには有効な方法です。

同じジャンルを何度も繰り返すことで、より洗練された動画になります。また、一度動画を見てくれた人は、気に入ってくれていれば新しく上がっている動画をかなりの確率で再生してくれます。

また、シリーズが続くことで徐々に他の人が参入しにくい状況を作ることもできるので、しっかりと抑えておくべきポイントでしょう。

まとめ

youtubeでも顔出しNGでも動画を再生してもらい、さらに収益を上げるために必要なジャンルについて説明しました。

いずれにしても自分が無理のない範囲のキャラクターを設定し、視聴者目線に立つことが大切です。基本的過ぎると感じても、それが全てと思って動画作成をする方がより短時間で多くの方に見てもらえるようになりますので、信じて進みましょう。











顔出しNG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です