女性用と男性用の記事は書き方が違う!読者層を把握して専用のライティングに




性別によって文章を変える意味

女性と男性とは気持ちが動かされるために必要な情報が違うということです。

どんな方に文章を届けたいのかをしっかりと認識するのが特にコピーライティングの世界では基本。

年齢的には同じ大人に対してということで安心してはいけません。

性別を意識していない文章は、小学生に世界の最先端の科学論文の情報を教えるくらいズレたものになるのです。

アナリティクスで男性女性をチェックすべし

アナリティクスで自分の運営するブログやWEBサイトに来ている人の属性を調べることができるのはご存知でしょうか。

どんな方がいるかを定期的にチェックして設計通りに集客できているかを確認しなくてはなりません。

もしずれていた場合には、性別ごとに書き方が違うということをもう一度学ぶと良いでしょう。

今回は男性向けのライティングと女性向けの違いについて解説していきます。

女性向けに男性用は特にNG

心理学の世界では男性と女性の思考回路が異なるということが知られています。

女性は感情的な思考をし、複数のことを同時に処理する「マルチタスク型」の考え方ができる特長があります。一方の男性はというと、論理的思考で1つの事を集中して取り組むという「シングルタスク型」がメイン。

大きく女性は感情的、男性は論理的と考えて良いでしょう。

感情型の女性に男性向けの記事を書いてしまうと、本当は興味がある分野でも中身が理解できない。行動するに足るメリットを感じられないということになります。

女性に好まれる文章について

女性は以下のことを意識して書いてあげると伝わります。

  • 共感
  • 自分にとってメリットがあるのかどうか
  • お得感
  • 行動後の状態が想像できるか
  • 周りからの評価

メリットがあるかどうかは、はっきり示してあげる必要があります。例えば、化粧品であれば『「乾燥肌」のあなたには、試してみる価値があるでしょう。』のような形。自分事としてとらえられるような、単語や話しかけるような文体が好ましいです。

周りからの評価とは、口コミや雑誌やテレビで特集されたという情報。あるいは芸能人の○○ちゃんが使っていたという内容です。

男性の場合にはモデルの○○が使っているというものに引かれないですよね。最近ですと、マッチョになるためのサプリメントにオードリーの春日さんが起用されていたりしますが、あれは好感度狙い。春日さんがマッチョだからと思って購入を考える人はいないと感じます。

女性向け比較記事の場合のコツ

女性向けに商品やサービスの比較記事を掲載する場合に、より行動を起してもらうためのコツがあります。それは、

どれが一番自分に向いているのかという結論を明確にすること

女性は女王様のようなものだと認識するとわかりやすいと思います。あなたが執事だとして、求められるものは「一番いいものを提案してほしい、だから納得させてちょうだい。」ということ。

つまり、読者がどれを選べばよいのかという考え方のポイントを教え、その考え方から導かれる結論として一番オススメのものを提案するという形にすると行動してもらいやすいのです。

男性に向けの文章の書き方は?

男性には以下に注意して書くようにすると心に響く文章になりやすいです。

  • データや数字
  • 機能(メリット・デメリット)
  • うんちく情報
  • 権威性

メリットとデメリットの両方を知ったうえで、メリットが大きければ行動する。これが男性を象徴するものと言ってよいでしょう。

うんちく情報は知識欲を満たす効果もありますが、知らない情報があると、その書き手の方がその分野に精通していると信頼が増すのです。

権威性にもつながりますが、

 

男性は相手に尊敬する点を見つけると従いたくなるという習性があります。

 

男性向けにはしっかりと調査して事実を淡々と述べてあげる方がよいのです。

その上で、書き手側の意見を述べる。『私が1番おススメするのは○○。なぜなら~だから。』

この意見に共感が得られるなら、読者さんは行動をしてくれるに違いありません。少なくとも、設計するWEBサイトや料金などのページへのクリックをさせるのはたやすいです。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です