他の人がすでに書いてあるネタは後追いで書いて意味があるの?




WEB上で情報発信をしていると、アクセスアップのためには「始めにキーワードチェック」と「上位のライバルチェック」をしましょうと教わるでしょう。

私もこの点には賛成ですが、ブログ初心者やアフィリエイト初心者はどうしてもライバルチェックで同じような話があると自分で書く意味がないと諦めてしまいがちです。

他の人の記事をみて諦めるって、すごくもったいないのですよ。

 

重複コンテンツがペナルティになると言われて、記事執筆する意味がないと判断してしまうのでしょうが本気で書いた文章が主張から書き方まで同じになることってあるでしょうか。他人のコピーをそのまま掲載するような方は問題外(盗作はダメ)ですが、書きたい気持ちがあって伝えたいものがあるならしっかりと記事にしてあげる方が良いのです。

主張も似ているしと思っている方は、それでも書いてみていいと思いますよ。ライバルチェックで心折れかけたその人よりも、たった1つでも一緒に知っておくと良い情報を載せれば良いですし、そのように心がけていると自然にファンが集まってくるものです。

他人からの助言はすべて同じに聞こえるかという問題

誰かが書いているからやめるという行動は、誰が書いているかという非常に重要な部分が抜け落ちた考えをしているということに気付きましょう。

たとえば、あなたが困っていることがあって誰かにアドバイスが欲しいと思っているときに、2人の人が声をかけてくれました。その2人は

  • 幼い頃から常に自分に寄り添ってくれている同級生
  • 小学校のときに自分をいじめていた悪い先輩

 

このふたりがアドバイスをしてきたら、直感的にどちらの言うことを信じるでしょうか。

いかがですか?100人中100人が前者のいつもあなたのことを想ってくれている同級生を選ぶでしょう。悪い先輩の優しそうなアドバイスなんて詐欺なのではと感じてしまう方もいますよね。ということは、同じ内容のネタであっても誰が伝えるかで印象も説得力も全く違うものになるのです。

あなたが書こうとする誰かと似たネタも、あなたが書くから価値があると思って書かなくてはなりません。

これ、本当に重要なことです。

あなたの書くものに価値を与える方法

あなたが書く文章が読みたいと思ってもらうだけの価値を与えるためには、とにかく優しささえ持っていれば大丈夫です。

先ほど述べた、1つでも有益な情報をプラスするということも、優しさの形の代表的なものだと考えてください。

他にも、誰にでも読めるような丹後を使用するとか文章の構成をしっかりと考えてから書き始めてあげるなど、その記事に対して優しさを詰め込もうとすれば自然と文章に価値が出てきます。

初心者アフィリエイターやライターさんにありがちなのが、キーワードとして選んだ単語を使ってなんとなく文章を作ればいいというもの。面倒くさがりながら書く文章に良いものなんてないです。どんなに売れている作家さんも脚本家も心を込めて、言葉ひとつずつ大切に書いています。

文字数さえ確保すればGoogleに評価されるような時代ではないのです。人間にもGoogleのシステムにも読みやすい文章になるように気持ちを込めて書いてみてください。そのような愛のこもった記事が30記事・50記事と増えていくことで自然とあなたの文章すべてに価値が宿るんです。

おすすめする文章の書き方

人気のあるWEBコンテンツを書くためのオススメのライティング方法として、私は関わる人すべてに愛を込めてほしいという意味を込めて『Love Letter Writing(LLW)』を提唱しています。

恐怖や相手のコンプレックスをつつく様なコピーライティングは愛がない。これからの時代に求められるのは、読んでいるだけで心が温かくなるようなライティングだと感じます。実際にどのような表現をすればいいのかなどは、個別に相談を受けておりますので気になる方は是非お問い合わせから、ご相談下さい。

世の中に優しいWEBメディアが増えるようにというのが私の願いですので、可能な範囲で無料のアドバイスをしています。アクセスに伸び悩んでいる方やグーグルのアップデートで自分が不安になってしまっている方など遠慮なくご相談下さい。

あまりに乱暴な表現でメッセージを下さる方は、「教えることができない」という旨の返信のみになってしまうかもしれませんがあらかじめご了承下さい。

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です