【伊豆のグランピング】UFUFUヴィレッジへ子連れで宿泊!写真付きで評価してみる




今回は自分の誕生日ということで、2歳児と4歳になる娘を連れてグランピングへ行ってみました。

お世話になったのは「UFUFU VILLAGE(うふふ ヴィレッジ)」。

静岡県内にある宿泊施設の中で、子供と一緒に楽しめる場所はないかという考えで選ばせていただきました。

UFUFU VILLAGEってどんなところ?

伊豆市の修善寺の南、月ケ瀬温泉にあるお宿ということで関東からの宿泊客も多いグランピング。首都圏からの立地も良い。私の住む富士市からは1時間ちょっと、東京からでも2時間半もあれば車で到着できるでしょう。

UFUFUヴィレッジのグランピングといえば、ドーム型のテント。今回わたしもこのテントに宿泊しました。

この他にもキャンピングトレーラーに泊まれたりと人数に合わせて選べるのが特徴です。

口コミを見ると曲がり角が分かりにくいと書かれていて少々心配していましたが、しっかりと交差点のところに看板が立てられていたのですぐに分かりました。

ちなみにUFUFUヴィレッジの場所はカッコいい龍のオブジェが目印となります。龍が入り口ではない点は注意。

こちらの入り口は姉妹宿の露天風呂つきの御宿として有名な雲風々(UFUFU)のものでした。ここから、奥に進むとすぐにグランピング専用の入り口があります。

チェックインは南側の入り口から。こちらにフロントの棟があるので、最初は皆こちらへ入ってください。

フロントでは、キーの受け渡しと簡単なタイムスケジュールの説明。主にはご飯とお風呂についてでしたね。

丁寧な対応かつ、近すぎないちょうど良い対応をしていただきました。アウトドアだけれどしっかりと宿泊施設だなと感心しました。

UFUFUのドームテントのお部屋の様子

2人の大人、子供2人は添い寝となると、定員的な問題で選択肢はトレーラーかドーム型のテントのどちらかになるようです。

外から見たドーム型テントは、透明な窓で外が見えて未来っぽい。夜はカーテンを閉めることができるので安心してください。

お部屋の中の様子です。クーラー、除湿機、照明などが設置されていました。枕元にコンセントがないので、スマホの充電などは照明の電気の辺りにあるものを使いましょう。

夜がまた素敵なのです

トイレがテント内にはないので、外を歩くことも多いUFUFUヴィレッジの施設内。日が暮れて皆さん夕食を終えた頃になると、幻想的な風景を目にすることができます。

テントからもれ出る光って綺麗なんですね。普段キャンプなどしないので、この景色は美しいと感じます。

どのテントも幸せの雰囲気がでてこちらもほっこりの夜道です。

最高の食事(夕食のバーベキュー)

夕食がとても豪華。大山地鶏に牛肉のステーキ、骨付きウィンナーなど本当に美味しかったですよ。

夕食の食材は17:00~18:00までの間にフロントまで自分でとりにいきます。野菜、お肉、海鮮と本当にたくさんの食材を準備してもらいました。

また、食事する時には外の専用の開け放てるブースがあるのでこちらでいただきます。

部屋の中に煙が入ってこないので、これはとても良いシステムですね。初めて使ったグリルでしたが、やり方がしっかり書いてあるので簡単に使えます。

意外と火加減も微調整ができて、焦げがちなバーベキューですが全部美味しく焼けました。

最高の食事2(朝食のフレンチトースト)

朝ご飯は特製のフレンチトースト。

TOKYOラスクってご存知でしょうか。

妻が都内で見たことがあるというので有名なようですが、そちらのバゲットを使ったフレンチトースト。専用のバゲットは少量で販売されていないのでかなりレアのようです。

美味しすぎて思わず写真を撮影し忘れましたが、メープルシロップをかけて作るフレンチトースト。ちょうど良い甘さで最高に美味しかったです。

朝食の時には、コーヒーミルで挽いたコーヒーと一緒に。昔使っていたカリタの3つ穴のドリッパーと同じシリーズでちょっと懐かしかったです。

ちょうどとなりが川ということで、せせらぎを聞きながら優雅な朝食になりました。子供たちは早めに食べ終わり、遊具へ自分たちで遊びにいったり。

2日目ともなると慣れてきた様子。夫婦だけの時間も作ることができました。

グランピングに持って行くといいもの

持っていくと良いもの
  1. 子供のバスタオル
  2. ビーチサンダル
  3. 子供用下着の替え
  4. 花火

より楽しむために水場で子供がずぶ濡れになっても良いような準備はしておくと良いです。うちも初夏にいったので結局最初からびしょ濡れでしたので。

また、夜は21時まで手持ち花火ができる場所があります。キャンプファイヤーを見てから、皆で花火。最近は近所のことを考えて花火もなかなかできないおうちが多いでしょうから、きっと素敵な思い出になると思います。

その他施設の紹介

ワンちゃんと遊ぶ専用の芝生のドッグランも付いていました。

北のエリア、南のエリアにひとつずつ水場があり、子供たちはここで水遊びをしていました。体全部塗らしているお子さんもいて、にぎやかで楽しかったですよ。

チェックインしてからしばらくはここでのんびりしていました。

来ている方もグランピングに来るだけあって、クレームを入れる人もいなそうですしね。子供用に遊具が置いてあるのですが、そこで同じように子供連れの方とも普通に仲良くなれそうな方ばかりでした。

部屋から出て歩いて数十秒で公園があるのですから、子供にとってこんなに素敵な場所はないでしょう。

UFUFUの近くの観光地は?

伊豆に来たからちょっとは観光もと言う方もいらっしゃるでしょう。私も今回はチェックインまでの間、しばらく時間があったので良い観光地を探していました。

おすすめは、宿から10分程離れた場所にある観光名所「浄蓮の滝」。

こちらに先に行くと、自然たっぷり癒しの空気を感じられます。宿屋に入る前にリラックス状態になるのにぴったり。結構オススメです。

もう少し時間があるのであれば大室山でも良いかなと感じていましたが、ルートと時間の余裕でもらえばいいのかなと思います。

まとめ

今回は子供を連れての宿泊ですが、サービス、料理、お値段など総合して非常に満足できるものでした。

特に今回のグランピングが良かったのはチェックインしてから、一切宿からの接触が無かったこと。家族みずいらずの時間を味わうことができました。

チェックアウトの時、娘から「今日もここで寝ていいの?」と言ってもらえたのが何より。娘たちにとっても妻にとっても、そして私にも大成功。良い思い出になりました。

ちなみにですが、個人的には連泊はオススメしません。

居心地の良さなどすべて環境的には2泊したいところなのですが、バーべキューを2日連続と考えると胃の調子と相談かなという感じ。美味しすぎて食べ過ぎる。一日はご飯抜いてというのなら、いいかもしれませんよ。

プランの詳細などは以下をご覧くださいね、かなりオススメです。

 

伊豆でグランピングを検討しているマヒナもあります。

東伊豆でグランピング初体験してきた!「マヒナ・グランピング」のレビュー&口コミ情報

2019年4月17日










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です