【初心者向け】YouTubeのSEO対策は「ニッチキーワード」先読みでバズる動画を狙うべし

YouTubeSEO対策はニッチキーワードで静かなブームを狙う




YouTubeで再生回数を伸ばすには、システムを使って検索したときに上位に来てもらうようにすることが必要です。

Google、Yahoo,そしてYouTubeでも、検索で上位に来るよう工夫することをSEO対策といいます。SEOとは『Search Engine Optimization』の頭文字をとった略語で、検索エンジン最適化という意味があります。

この対策を行うことで、YouTube内の検索でしっかりの視聴者に見てもらえるようになります。また、関連動画として表示されやすくなります。さらに、Google等、YouTube以外のウェブサイトで紹介されやすくなります。それでは、SEO対策において有効な方法はなんでしょうか。以下、説明したいと思います。

ニッチキーワードの攻略がカギ

SEO対策として有効な方法として、ニッチキーワードの攻略が挙げられます。

ニッチキーワードとは、検索ボリュームがあまり大きくないキーワードのことです。

逆に検索ボリュームが大きいキーワードのことをビッグキーワードといいます。検索ボリュームとは、その単語を調べる人数の規模を指します。

たとえば、「サッカー」のようなキーワードは、多くの人が検索します。これを「ビッグキーワード」と呼んでいます。

これに対し、「サッカー アルゼンチン オフサイドトラップ」といった組み合わせは、検索する人数が多くありません。

このように、単語を検索する人数の規模が小さいキーワードのことを「ニッチキーワード」といいます。youtubeで再生数を伸ばすには、このニッチキーワードを上手く使いこなすのがとても重要になります。以下、より詳しく説明します。

ニッチキーワードを狙う理由

ニッチキーワードとは、検索する人数の規模が小さいキーワードであることはすでに述べました。そうであるならば、そのキーワードに関係している動画にアクセスする人数も少なくなるようにも思えます。しかし違うのです。検索する人数の規模が小さいということは、競争相手も少ないということです。

競争相手が少ないということは、あなたの動画が長く上位に表示される可能性も高くなるということです。

これに対し、ビッグキーワードの場合、競争相手が多いので検索候補の中に埋もれてしまう危険性があります。ニッチキーワードによって上位に表示されることによって、このような他の動画に埋もれてしまうリスクを回避することができるのです。

マニアックすぎるキーワードに注意

ここで注意しておくべきことがあります。検索ボリュームが小さいということは競争相手が少ないということですが、検索ボリュームがあまりに小さいと…具体的に言うとあまりにマニアックなキーワードにしてしまうと、そもそもアクセスする絶対数が少なくなってしまい、再生数につながりません。

いくら検索順位で上位に表示されても、誰も再生しないのでは上位をとっても全く意味がありません。

つまり、そこそこ規模は小さいものの、それ以下ではない検索ボリュームにターゲットを絞る必要があります。

いわゆる「静かなブーム」と言われている分野に注目してみるといいでしょう。

例えば、あなた自身がとても興味を持っているものの、まだ、周りであまり流行っていないものにキーワードを設定してみるといいかもしれません。このように、ニッチキーワードを見定めることによって、SEO対策がより攻略しやすくなります。以上、youtubeのSEO対策におけるニッチキーワードについて説明させていただきました。











YouTubeSEO対策はニッチキーワードで静かなブームを狙う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です