動画の再生回数は関係ない!YouTubeの広告単価を上げる方法は?

YouTubeの広告単価を上げる方法は?




YouTubeの広告の仕組みと単価はどれくらい?

YouTubeにおいて収益を得る手段の代表的な例として広告収入が挙げられます。

この広告収入の単価は、0.1円~0.3円とよく言われます。ジャンルによって幅はあるにせよ、大体それくらいだと思っておけば良いと思います。また、同ジャンルでも有名になっていくにしたがってyoutubeの広告単価は上がると言われていますね。

広告をつけて収益をあげたいと考えている方にとっては、単価を上げたいと考える方も多いでしょう。そこで、この記事ではYouTubeの広告収入(単価)を上げる方法 について説明したいと思います。

簡単にわかる!広告の仕組み

まず、YouTubeで広告収入を得る仕組みを簡単に説明します。YouTubeはGoogle(グーグル)のサービスの一つです。そのため広告を出す企業は、まずGoogleに自分の広告を出すようアプローチします。

その際に企業は「〇〇円の予算でこの広告をyoutubeに流してほしい」と指示します。その指示をうけたGoogleが、youtubeに、企業からもらった広告を流すよう指示します。Googleからの指示を受けたyoutubeは、独自の判断で、youtubeに集まった動画に広告を流します。そして、自分が広告を流した動画内において、たとえば、広告が5秒以上再生された場合、企業の広告が、視聴者に届いたと判断します。この場合、動画投稿者に対し、企業の広告を視聴者に届けさせてくれた報酬が支払われます。

テレビの放送で例えると

この構造をテレビに置き換えると、スポンサーが、テレビ局にCMを打つことで、視聴者がスポンサーの会社の商品を買ってくれる、その代わり、視聴者は無料でテレビ番組を見ることができることになります。

次に、広告単価について説明します。最初に強調しておきたいのは、広告単価というものは、最初から決まっているわけではありません。予算を再生数で割った数が広告単価になるのです。例えば、ある広告予算が50万円とします。そして、1か月で250万回再生されました。そうすると、1再生当たりの広告単価は0.2円となります。これが、500万回再生されると1再生当たりの広告単価は0.1円になります。予算は最初から決まっているので動かせません。

したがって、広告単価を上げるためには、予算の大きい広告が、自分の動画に掲載されることを狙う必要があります。

広告単価を上げるときに意識すべきこと

広告単価について具体的に説明します。いくら再生数が多い動画でも、小中学生向きの動画では残念ながら予算の大きな広告はつきません。

それは、小中学生が使えるお金の額には限りがあるから。企業の方も高い費用をかけて広告を打っても、広告費用の回収につながらないからです。

では、どうやって単価を上げるのか

ところが、たとえば40代の女性にターゲットを絞ると、そのターゲットとなった層が商品購入に使う額は格段に増えます。

40代ともなれば社会的にも認められている方も多く、高価な商品を購入してくれることが期待できます。したがって企業は広告費を回収できます。広告に見合った商品購入が期待できますので、広告に対する予算の額も増えます。広告の予算が増えれば同じ再生数でも、予算がある方が広告単価は上がります。

同じ100万回再生でも、広告予算が50万円と100万円との場合では、後者の方が広告単価は高くなりますね。

動画を作成する際には、どのターゲットに向けて動画を見せれば、企業のニーズに応えることができるかを意識すると良いでしょう。企業のニーズに応えることができた動画を上げることができれば、広告単価も上がり、同じ再生数でもより大きな収益を上げることができます。

まとめ

広告単価について説明してきました。

確かに企業のニーズを意識することでより効果的に広告の単価を上げることは可能です。ただし、忘れてはいけないのはあくまで視聴者に楽しんでもらえるような動画を投稿することが何より大切だということです。お金のことを考えるあまり、楽しくない動画や誰かを傷つける内容はやめておきましょう。

楽しんで動画をつくって見てもらう気持ちが、結果として収益が出るものだと思います。











YouTubeの広告単価を上げる方法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です