最近の若いもんは、が理解できない




昔からずっと言われてきている自分肯定の定型句。

「最近の若いもんは、ダメだ」

これがずっと理解できずにいる。

どう考えても、新しい時代に生きる人々すなわち若者のの方が私たちよりも進化していなければおかしいから。これってすごく単純なのに飲み会に行くたびにお説教をされる後輩たちをよく目にしてきた。確かに優秀な先人たちには感謝したいと思うが、若者がダメだったら日本人滅んでるから。

後輩たちがお説教されているけれど、言い返さずにちゃんと聞いている。人間的にはちゃんと話を聞けている人の方が明らかに上だよね~と。

なぜ若者がダメだと感じる人がいるのか、ちょっと考えてみた。

 

大人たちが若者を見下す理由

大人が今時の若者、あとの世代の人を認めることができない理由は何なのか、考えてみました。私もまずまず大人になったけれど、未だに年が自分よりも下にあるから劣っているという風に考えたことがないんです。生まれたばかりの娘がいるのですが、むしろ私よりも達観している気さえしてしまいます(どれだけ私がお子ちゃまなのかw)

どうしてそんなことを言うの?という自分の不思議を解消するために書いてみます。

 

自分のやってきたことを否定されたくない

これは大きい。

私自身も最近は全く言われなくなったが、会社員時代は上司と意見が対立することが多かった。主張は曲げないが、大人たちが論理的思考をあきらめて感情で提案を否定されていたのでなかなかに苦労した。会社でこのような状態になったときには、ただひたすら実力を認めさせるよう必死になるか、ヘコヘコするしかないという。私は前者、成果を出し続けることで何とか自分のやりたいことを続けていたが、その分長く働いたり周りより多く仕事を引き受けたり。矛盾は感じていたな。

早く生まれた分だけ経験は多い、それは認める。長く生きている=すべて正しいとはならない。

 

メディアに翻弄され続けている

思考停止していると感じるのは、彼らが自分で考える習慣を捨ててしまっているからなのかなと感じる。今時の若いものというのを括りたがるが、その情報はテレビや新聞といった、他人の意見や編集された世代の特徴をみているよう。戦争経験者に育てられた世代に比べたら、そりゃゆるい部分もあるでしょう。

ゆとり教育を失敗というが、そんな若い世代と付き合いありました?って。

ちゃんと自分で体験してから言ってほしい。もう大手のメディアさんの言うことを全部鵜呑みにするのやめてほしい。

 

まとめ

若い人ほど今の時代では優秀であるというのが、生物の進化だと思っています。

世代で差別することなく、年長者は経験を生かし若者が大きく道をはずさないようにストッパーになってください。すでに成功されている方は若者にやり方を指導せずに経験をただ聞かせてあげてください。

そんな世界になれば、もっと快適に違いない。

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です