ゼロから始める仮想通貨の入門ガイド




まずは1万円から仮想通貨を購入してみませんか?

新しい投資を考えるときに仮想通貨の存在に辿り付いたのだと思います。一攫千金を狙うのであれば資金を多く投入すると考えるでしょう。しかし、ちょっと待ってください。仮想通貨は株式などと比較すると新しい資産運用の姿になるため、プロのトレーダーというのはいまだ少ないのが現実。ただ、焦りは禁物です。まずは仮想通貨がどのようなものなのかをまずは学んでから行動に移しても良いと思います。

当サイトでは全く初心者が仮想通貨の取引を行うための口座開設はどこで行えばよいのかなど、基本をお伝えします

口座開設はどのように選べばいいのか?

仮想通貨や暗号通貨と呼ばれるものを購入するには取引所や販売所を経由しなければなりません。どのような条件で口座開設すべきなのか、選ぶポイントを見ていきましょう。

仮想通貨の取引所の選び方は、以下のポイントで選ぶと良いでしょう。

  • 取引所・販売所の安全性
  • 取引手数料
  • 仮想通貨の選択の幅
  • 日本に拠点を持っているか
  • 取引ツールの使いやすさ

まず初心者の方が重要視すべきは、口座開設する取引所の安全性です。ビットコインなどの仮想通貨は今だ法律による規制が完成されていない新しい分野のため、資産を守るためにも安全性の高い会社を選ぶ方が良いです。

安全性の高い仮想通貨取引所の選び方

より安心して資産を扱ってもらうために見るべきチェックポイントは大きく2つです。

一つは本拠地が日本にあること。現在仮想通貨の取引所や販売所はたくさんの会社が立ち上がり、世界中に広がりを見せています。
私たちはその会社に通貨を渡して、仮想通貨を購入するのですが、いざトラブルが発生した時に海外のみを拠点とする業者の場合には、自分の資産を取り戻すのに日本語が使えない可能性があります。いざという時のために日本に拠点を持つ会社にお願いした方が良いでしょう。

2つ目は資本金の大きい会社を選ぶことです。
取引所がより安全かどうかは、その会社の資本金の大きさを見るのが良いと思います。資本が大きいということは情勢の変化による通貨の価値への影響に対して、十分な対策を打てる余力につながるからです。

また、出資した会社の大きさなども参考にするのが良いと思います。国内有数の財閥系銀行が出資しているなど、信用できる会社が出資していればある程度の信頼性があると判断するという考え方です。

初心者の方、あるいは少額だからよりリスクをとれるという方はこれ以外の判断材料で取引所を選んでいただいてももちろん良いです。

 

取引手数料の注意点

株式と同様にお金と仮想通貨を交換するときの手数料はとても重要になります。入金無料だけれども出金で手数料をとる会社などあるためしっかり確認するのが良いと思います。せっかく10万円の利益がでても出金の時にこれが目減りしてしまってはリスクが大きくなってしまいます。

私がメインで使用しているのは「coincheck」です。仮想通貨の種類が多いので、便利です。使いやすいスマホのウォレットも初心者には使いやすいです。まだ仮想通貨に興味があって口座を持っていない方は、いざというときにスタートできないリスクがあるので、とりあえず開いておく方が良いですよ。

今なら日本円で数百円相当のビットコインがもらえるキャンペーンやってますね。

これから先、仮想通貨に価値があると思う方はどれだけコインの価格が変動しようとあわてないことが良いでしょうね。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です