動画のストーリー構成|動画の長さや切り替えタイミングを最適化しよう




動画視聴者にしっかりとメッセージを受け取ってもらうためには、動画のストーリーをしっかりと決めておくことがとても重要です。

ただ動画を撮影して、見やすいように編集するだけでは間延びした退屈なものになってしまうのです。

しっかりとチャンネル登録してもらえるような動画は、全て動画のストーリーや切り替えのタイミングなどを事前に計画されたものであると考えましょう。

動画の長さは何分にしよう

初心者がはじめに悩むことの一つに、動画の長さがあります。

今から始めるチャンネルの場合には、あなたについて詳しく知っている方はほとんどいないでしょう。最初から人気のYoutuberのような長編動画を作ることはおすすめできません。

ただし、しっかりとタイトルのキーワードさえ書いてあげれば、視聴者は興味のあるジャンルであることは間違いありません。飽きさせない動画を作ることで確実に「また見にきたい」と感じてもらえるでしょう。

最初に作る動画は

10分以内

で構成しましょう。10分以内でしたら電車などのちょっと手持ち無沙汰な時間に見切れる長さですし、動画の編集に慣れていない場合でも十分に作業を完了させられる長さになります。

最初は短い動画をアップしていき、チャンネル登録者などファンができた段階で長編にもチャレンジしてみましょう。

飽きられない動画のために

知らない人の動画を皆がしっかり観てくれるかというと、現実はそこまであまくありません。Youtubeアナリティクスなどの解析ツールで調べるとわかるかと思いますが、最初の段階では多くの方が早めに離脱していきます。

親しみが得られていれば、これは徐々に減っていきますが特にはじめのうちは構成に注意してこの離脱のリスクを低くする必要があるのです。そのための対策は、

画面の切り替えを1分間に1回行う

という方法です。画面を早めに切り替えてあげることで、飽きがくるタイミングを遅らせることができるんです。動画作成の時には短いネタをいくつも集めて動画を作っていくようなイメージで行なうと良いでしょう。

動画の最初で企画の意図を説明する場合には、長くても90秒で説明すると視聴する気になります。

まとめ

しっかりと視聴者に喜んでもらってチャンネル登録者数を増やすのであれば、飽きさせない動画を作るということにつきます。

画面をしっかり切り替えて、動画自体にリズム感が出るように工夫しましょう。

また、画面をただ闇雲に切り替えればいいかというとそれは間違い。しっかりと事前に動画のストーリーの構成を立ててから撮影に入るように。

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です