サーチコンソール「URLにnoindexタグが追加されています」とう謎のエラーの対処法




サーチコンソールを確認したら「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラーが出ているときの対処法です。

エラー画面

記事にnoindexなんて付けたかなと、謎のエラー通知に一瞬戸惑うかもしれませんが理由はおそらくこれです。

Google Search Consoleでエラー発生

以下のようなエラーメッセージが出ているときの対処法です。

エラー画面

 

今回簡単に直せると書きましたが、症状は以下のようなときのものです。

エラー画面

sitemap.htmlというページにnoindexタグができています。

サイトマップがページ表示されるプラグインを入れていたり、自分でページを作っていないときは

「Google XML Sitemaps」の設定ミスを疑いましょう。

SEO対策をしっかりしている人であれば、ほとんどの方が入れているだろう必須プラグイン。

初期設定の状態でプラグインを起動してしまうと、sitemap.htmlが生成されてしまうようです。いくつもサイトを作っていると、中には初期設定を忘れてしまってミスが出てしまいますよね。

Google XML Sitemapsでエラー発生させない設定方法

Google XML Sitemapsをインストールして有効化ボタンを押し、それきり何の設定もしていない方は必ずいつかこのエラーがでます。

修正箇所はたった1箇所。

ダッシュボードから「設定」でプラグインの一覧が出ると思いますので、「XML Sitemap」を選択します。

すると設定画面に移行しますので、その下の方にある「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外してください。

最後に「設定を更新」を押して保存すれば問題は解決します。

HTML形式のサイトマップとは

HTML形式のサイトマップとは、記事の一覧がページ表示できるような形式でまとまられたものです。「PS Auto Sitemap」などで自動作成している方も多いでしょう。Google XML Sitemapsは基本的にはウェブ上にあるクローラーにサイト内を巡回してもらうためのものですが、同じようにサイトマップを自動生成する事もできるようです。

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です