初心者でも稼げる!アフィリエイト専用のWEBメディアの作り方




【STEP1】テーマを決めよう

初めてのWEBサイト作成、どんな内容にしようかと考えた時にまず大切なことは「対象に興味があるもの」を選ぶことです。

興味がないと長続きしません。

サイトアフィリエイトは成果が上がらない期間が長くなることもあるもの。数ヶ月あるいは1年間全く反応がなくても作り続けることができるものにしたほうが良いです。

成果が上がらないとやる気が出ないのではないかと感じることがあるかと思いますが、自分が知りたかったこと、購入する時に比較した履歴などをそのまま思考のメモとして使う気持ちで書き続ければ良いです。学生時代のノートのような感じ。綺麗にまとめると誇らしい気分になりませんでしたか?その情報のまとめを公にするのがWEBメディアやWEBサイトになります。

【STEP2】何よりも大切なのはキーワード選び

アフィリエイトで広告を貼り付ければ、アクセスを集めるだけ。。。

Googleのアドセンスのような自動で読者にぴったりの広告を切り替えてくれるシステムを積んだ広告であれば必要ありませんが、サイトアフィリエイトで使う広告は固定の広告になります。

つまり、広告にあった読者さんをしっかりと引っ張ってくる必要があるのです。サイトを作り始める前にはしっかりと興味のある方にがしっかりとサイトに訪問してくれて、読んでくれるだけの準備が必要です。そこで重要なのが、

キーワード選び

アフィリエイトが成功するかどうかは80%位決まってしまいますし、短期に成果をあげたいとなればほぼ100%キーワードの選び方で決まると考えて良いでしょう。広告案件があるかよりも大切なのが、キーワードの選び方。超重要です。

ドメインを取得する前、記事を書き始める前にしっかりとキーワードを選ばなくてはなりません。キーワード選定のポイントは3つ。

検索する人はいるのか?

検索する人がいないと、いくら頑張って書いた記事も。そのキーワードで読まれることはありません。

あなたがGoogleやYahoo検索を使って、何かを調べる時には標準語で調べますよね。あれは方言ではサイトを作っている人がいないですし、知りたい情報が得られないと経験的に知っているからです。

検索する人のいないキーワードで記事を書くことは、方言で書き続けるのと同じ。一般の人には決して届かないのです。

この点ではなるべく検索数が多いキーワードを選んであげることが重要になります。

競合となるサイトの実力は?

そのキーワードで検索したときにすでに上位に出てくるサイトが、内容についてどの程度詳しく書いているかについて確認しましょう。

大手でも公式ショップでも運営者はどこかはあまり気にしなくて良いです。内容を見たときに、キーワードに対する答えが入っているか、一緒に気になるだろう情報について合わせて記載されているかについて確認しましょう。

もし、すでに完璧に整っていてそのサイト以上にするには大変過ぎると感じられたらキーワードを選びなおすほうが良いでしょう。

キーワードで検索した人がサービス利用(購入)するか?

検索した方が文章に満足し、最終的に広告をクリックしてサービスを利用するまで運べるかについて考えてください。

例えば、化粧品などを売りたいなと考えている時に

「○○(商品名) 肌荒れ」をキーワードにして、実際に化粧品○○を使って肌荒れを起こした体験談を書いたとしたら。その文章だけをみて「○○」を購入しようと思う人はいないでしょう。

※同じ体験をしたことのある人に対して、他の商品の説得力が出るので正直に書くのは超大切ですよ。

最初はしっかりとキーワードから売れるストーリーを描けるかをイメージして、キーワード選定をしましょう。

【STEP3】広告はある?

ようやく、広告案件を探し始めます。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です