YouTubeの収益化審査を最短にしたいなら動画のクオリティを上げること!

YouTubeの収益化




YouTubeに広告をつけるための条件

YouTubeを始めたからには、自分のチャンネルで収益をあげたいものです。収益化するには、再生時間4,000時間とチャンネル登録者数1,000人という二つの条件をクリアする必要があります。

この二つの条件をクリアしてはじめてYouTubeに広告をつけて、収益化に値するかどうかは判断するための審査を申請することができます。

今回の記事では、YouTube収益化の審査までの最短ルートについて説明していきます。

YouTubeの効率的な審査要件の達成方法

多くの方は再生時間を稼ぐために、1分や2分の短い動画をたくさん作り、再生時間を4,000時間に到達させようとします。一見するとたくさん動画を作ってるから、その分多くの人に見てもらうことができるように感じられます。

効率的に4,000時間に到達するように思われますが、実は違うのです。

現在、youtubeは収益化の条件のため、再生「回数」だけではなく、再生「時間」を動画作成者に求めています。これは、youtubeに投稿される動画の質を上げるための条件です。したがって、1分や2分の動画を大量に作っても、それが、つまらなければ視聴者から10秒ほどで離脱されてしまいます。これでは、「再生回数」を稼ぐことはできても「再生時間」を稼ぐことはできません。

では、どうすればいいのでしょうか。一つの方法として、まず、再生時間4000時間を達成するために、登録者数1000人を達成するのです。そもそも、再生時間はある程度の数の動画を作成すれば、自然に増えます。ところが、登録者数は、自分のチャンネルを気に入ってくれる人が一定数いないと達成できません。

多くの人は、検索して動画をみたり、履歴からさかのぼって動画を見ることはあっても、動画作成者のチャンネルに登録してまで動画を見ようとはしません。だからこそ、再生時間よりも「動画登録者数を増やすこと」に力を入れるべきなのです。

チャンネル登録者数を増やす方法

それでは、どうすれば登録者数を増やすことができるのでしょうか。

それは、動画のクオリティを上げることです。

これが最も近道であり、唯一の解決方法といって良いでしょう。この場合、クオリティを上げるということは、なにも画質を高めることや、凝った動画を作ることだけではありません。その動画が、視聴者の求めるものと一致していること、これを「クオリティを上げる」と呼んでいます。本当に「面白い動画」「役に立つ動画」を投稿することが、結果として大量の人に愛されるチャンネルを作ることにつながるんです。

そもそも視聴者はなぜYouTubeを見るのでしょうか。理由は様々ですが、何かを解決したいと思う人もいるでしょう。暇つぶしに面白いものを見たいと思う人もいるでしょう。音楽やスポーツをするうえで参考になる動画が見たいと思う人もいるでしょう。

これらの視聴者の「悩み」に答える動画こそが「クオリティの高い動画」と言えるのです。

動画作成者が視聴者の「悩み」に答えると、視聴者は作成者のファンになります。ファンになれば、チャンネルに登録します。登録して、過去の動画もどんどん見るようになります。一人の視聴者が過去の動画をどんどん見てくれるので再生時間も伸びます。そして、結果として再生時間4,000時間に到達していきます。

まとめ

今回はYouTubeの広告審査の条件とそれを満たすための最も大切なことをお伝えしました。

視聴者のニーズにこたえ、登録者数を増やすことを重視した方が収益化につながるのです。YouTube収益化における審査にたどり着くまでの最短ルートは、登録者数を増やす動画作成を心がけること。基本的にはこれを確実に行っていくことしかないのです。











YouTubeの収益化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です