SEOライティングの基礎|2020年Googleに評価される記事の書き方




現在のGoogleのサイトの善し悪しを判断するAIは、それらの本が書かれた頃からははるかに進化しているということは知っておいてください。

小説など本の作家さんとは全く別次元のものと言いますか、書き方として求められるものが違う

「読み進めてもらえるような書き方をする」

現代のSEOはこれにつきます。検索されるキーワードを見つけられなければ、決して読まれないですし、読みすすめられなければ価値がないと判断されるのです。

キーワードの使用頻度やコンテンツの網羅性だけでは足りない

ひと昔のSEOは順位を上げたいキーワードありき、キーワードが入っていればそれだけで評価されるという時代もありました。

たくさんキーワードの入っている文章のページに、テキストリンクで他のサイトからも評価されるように装って上位表示ができたのです。

現在もその流れは残っていますが、長期的にGoogleに必要とされるためにはそれだけでは足りません。さらにユーザーの満足度を上げるべくシステムの改良が重ねられているのです。

いまだに、

  • キーワードはいくつまで使っていいのか
  • キーワードの使用頻度は何%
  • コンテンツの文字数は何文字が良いの?
  • 共起語はどこまで深掘りすればよい?

このような質問を受けることがありますが、少し昔の考え方を持ち続けているように感じます。

キーワードは「検索ユーザーの知りたいこと」です。このキーワードの検索意図をしっかり考えて最低限答えられるのがまずはじめです。あとは、本人が気付いていなかった重要なことについて、知らせて情報を与えられるかどうかが大切なのです。

これからのGoogleの評価基準はどうなる?

今後検索サイトを使ってキーワードを上位表示したいと考える時には、今後の評価基準がどうなるかを把握しておく必要があります。

ただ、これだけは確実。

AIが人間の考えに近くなる

いろいろなデータを蓄積することによって、検索ユーザーの希望を満たしていると判断しているサイトの特徴を統計的に導いているのです。AIがより高度になると判断基準が増えていくので、より人間がパッと見て判断するような感覚的な部分まで網羅していくようになると予想されます。

読者にどれだけ長く滞在されているか
最後まで読まれるか

このようなデータも評価基準に入ってきたためです。長く滞在していたり、閉じずにそのままタブを残されているサイトは完成度が高いと判断されるでしょう。また、最後まで読まれるのは満足度の高さと相関があると考えられます。

このような、読者にとって有益な情報を持つページのみが生き残っていくと考えると良いでしょう。

読み始めるために必要なタイトル

タイトル付けは検索する方へ向けて書く場合には、すべてのライティングの中で最も重要といっていいでしょう。内容がどれだけ高品質でも、開いてもらえるだけの魅力がないの記事タイトルがついていたとしたらと考えてください。

誰もその文章にたどり着けないのだとしたら、コンテンツに価値が生まれる前の段階にあるということです。

例えば、日本一のお団子屋さんを探している人がいたとして、どちらのタイトルをクリックするでしょうか。(ここではクリック率のみを考えたタイトルにしています)

①.『私の知ってるおいしいお団子屋さんについて』
②.『内緒にしたい…日本一のお団子屋さんはココ!決め手は企業秘密の○○にあり。』

明らかに2の方が気になりますよね。これは相手のニーズである「日本一のお団子屋さん」について書かれていることが明らかであり、さらに自分の知らない秘密の情報が得られるという好奇心もくすぐるタイトルになっているためです。

結局、読みたくなるタイトルというのは、検索キーワード以上の魅力や期待を持たせてあるということ。自然とコンテンツも充実していることも多いのです。

 

ちなみに、タイトル付けがどうしても苦手という方はGoogleの検索上位のブログやWEBメディアのものを真似してみると良いですよ。同じジャンルでなければ問題なく使えます。

手軽にタイトル案を調べられる無料ツールもお伝えしておきます。

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です