記事は読まれるように設計すべし!最低限抑えるべき書き方について




記事を読んでもらうためには最低限3つの条件が揃わなくてはなりません。

①検索される単語を使っていること

ブログなどインターネット上で検索されるためには、「誰かが検索している単語」をキーワードとして設定していなければなりません。

紹介している商品のことに詳しくない方、あるいは全く知らない方の検索によって探してもらう必要があるからです。

たとえばですが、もし日本語で書いている文章のタイトルを英語のみで書いていたらどうでしょう。おそらく大抵は外国からのアクセスで、中身を読める日本人のほとんどは内容をみることはないでしょう。しっかりと検索される可能性のある単語を選ばないと、このような現象が発生するのです。

②検索結果に出たときにクリックされるように設計

検索のキーワードと読者のニーズが合致したものほど、検索結果は上位になる傾向があります。ただし、1番上にあるからといってクリックされなければ読者はその記事の中までたどり着くことはないのです。

③本文を読む前におおよその答えがわかる

記事に入った導入部、特に最初の150文字で対象となる読者について明らかであること。また書かれていることの結論か概要について知らせてあげる必要があります。

インターネットで文章を読む方は、その中に入っている情報が有益かどうかについての判断がとても早いのです。長く結論を言わないとか、ターゲットがわかりにくく話が読み取りにくい場合には他のサイトへ移動するという行動に移ってしまうでしょう。

本文が目に入った最初の5秒~10秒で相手に自分ごととしてとらえてもらうだけの情報を導入に記述してあげる必要があります。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です