モチベーションが上がらない時のコントロールについて




なんだかやる気が出ないどうしても他のことに気が散って集中できない

ブログを書いているサイトアフィリエイトをしていると何故かやる気の出ない時が出てくる体験をしてる方は多いでしょう。ブログが継続が難しいとされるのもこのようにモチベーションが下がってしまうためだといえます。

特にブログのアクセス数を伸ばすことを目標にしてやっていると、どうしても数値を追ってしまい結果が出ない時期にモチベーションが下がってしまう方が非常に多いです。

ブログは毎日更新するべきなの?

SEOの観点から言えば、毎日継続して書く方がメリットは大きいといえます。

他にも、確かに毎日更新している方がファンはつきやすいですし、更新をしている安心感から記事の回遊率も上がります。情報は間違いではありません。

問題なのは、「毎日更新しなければならない」という思い込み。

一方で急にやる気がなくなったりしてしまうのはこのねばならないと言うような金間のプレッシャーに負けてしまうことによるんです。辛いですよね。

書きたいことを真剣に書くのが読者目線だと思うので、にじまるはやりたくない時は完全にやらない考えないでも良いと考えています。

よく考えてみてください。

あなたが日頃楽しみにしているブログは毎日更新してるから読み始めたのでしょうか。大抵の場合それはNOでしょう。

ブログの読者数が一桁の時からファンで読んでいるという熱心な方を除いては、ブログに書いてある話の内容に共感できる。あるいは、今欲しい内容が複数あるとかんがえることから他の記事も読んでみようと言うふうになったのではないでしょうか。

そのように考えると別に毎日更新することが義務である事は絶対にないです。

書きたいことがあったときだけアウトプットのために、何なら自分のために描く位の方が面白い記事になっていますし最終的なアクセスも伸びます。

ウェブサイトを運営している方も全く同じです。読者が本当に読みたがっているものは、誰かのコピー記事やどこかで見たような内容ではなくライターさんや編集者さんが本気で考えたことが直接伝わるような文章です。

文章はうまくなくても全く構いません。

サイトの見た目がシンプルでも、文章の表現力が乏しくとも、自分が読みやすいと感じるレベルであればそのままアップしてしまって構わないでしょう。

情報発信の利点について考えよう

インターネットで情報をアップすると言う言葉は利点の1つとして何回でも修正できると言うことがあります。これを最大限活用するのであれば熱い思いを基地に乗せてその後文字装飾や写真挿入サイトのデザイン変更などを加えていけばよいのです。

Googleはなぜかこのような人の熱い感情を読み取るのではないかと思うような動きを見せることがあるなぁ不思議ですね。

これは長くブログを書いている方は感じてることだと思います。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です