音のなる道路「メロディーロード」全国一覧にしてみた




道路を走っていると車内に音楽が流れてくるという不思議な道「メロディーロード」。

タイヤと道路との摩擦によって音が発生するという現象を応用した最近全国的に広がりを見せつつある特殊な道路です。

関東では群馬県に多く存在し「メロディーライン」という名称で案内がされています。

今回は旅に出たときにメロディーロードに出会いやすくするために県別に地図をつくって一覧にしてみました。

メロディーロードのメリット

メリット
  • スピード抑制
    制限速度で走らないと音がずれるために、スピードを制限速度にすることができる
  • 居眠り防止
    道路からメロディーが流れるので、楽しくて活性化する
  • 観光として
    土地にちなんだメロディーで、観光名所となる

群馬県のメロディーロード

群馬県は全国でも現在トップのメロディーロードがある地域になります。現在11箇所に設置されており、観光地にへ向かう主要道路に設置されているので出会う確率も高いです。

ちなみに群馬県にあるメロディーロードは「メロディーライン」と呼ばれます。

静かな湖畔

群馬県道33号渋川松井田線を榛名湖方面に進むとあります。

 

チューリップ

 

正調草津節

国道292号大津から草津方面へ向かうときに

湯もみのときに歌われている歌としても知られています。草津温泉に今から行くという気分を上げてくれるでしょう。

雪山讃歌

県道94号東御嬬恋線

 

夏の思い出

国道401号線を尾瀬方面へ走ると聞こえます。

夏がく~れば思い出す~♪という尾瀬の歌といえばこれという名曲。

うさぎとかめ

国道122号

 

いつも何度でも

国道353号

 

星に願いを

県道36号渋川下新田線

こいのぼり

国道462号

 

四季の歌

国道291号湯檜曽公園から谷川岳に向かう

うれしいひなまつり

上野村の国道299号に設置されたメロディーライン

上野村乙父地区では特色あるひなまつりの風習が残っており、それにちなんで選曲されました。

北海道のメロディーロード

知床旅情

メロディーロードの第1号のがここ標津町の知床旅情なのです。

おお牧場は緑

別海町道の上西別地区幹線のそうあん橋から約700m南に設置されています。

いいもんだな故郷は

スナック菓子「カール」のCMソングとして誰もが一度は聞いたことがある名曲。

アクセスは道央自動車道の大沼公園ICから国道5号→県道96号→国道227号→木地挽幹線農道、約30分。きじひき高原パノラマ展望台へ向かってください。

赤とんぼ

きじひき高原パノラマ展望台から下り方向にすすむと赤とんぼのメロディーが聞こえます。

ちょうど「いいもんだな故郷は」と反対方向に走れば良いので2曲を楽しむことが出来ます。

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です