頑張るお父さんの気持ちがちょっと楽になる方法




毎日会社でお仕事を体力の限界まで酷使しているお父さん。お疲れ様です。

会社にいると上司に嫌味を言われたり、好きでもない飲み会に出席したり、単調なデータ入力にクレーム処理、通勤ラッシュの苦痛など、なかなかに過酷な生活をされている方は多いと思います。

今回はそんな頑張るお父さんが楽になる方法をお伝えします。

今の自分を客観的に考える

私も会社員時代は頭から煙が出るほどに頭を酷使して、計算したり、実験結果に考察をつけていました。通勤時間自体はたいして長くなかったのですが、それでも残業当たり前の生活はかなり消耗していたと思います。

  • 実際に渦中にある方(頑張り屋さん)って、頑張っていることに気付かないのですよね。
  • 家に帰るとご飯食べて寝るだけ
  • 休日は一日休んでいたい
  • 日曜日は午後になると憂鬱
  • ため息が出ている
  • 子供が寝ている姿しか見ていない

こんな状況でさえ、私は自分で頑張りすぎていることに気付きませんでした。ちょっと違うか。。

頑張っていることが楽しみというか「頑張っている自分、カッコいい!」くらいに感じていたのかもと今になって思えます。頑張り屋さんはどうしても努力することでしか認めてもらえないと考えがちなので、家族も実は頑張りすぎないお父さんの方が喜んでくれるんだと気付いてください。

家に帰っても会社での負のオーラでしかめっ面になっていませんか?毎日笑って「ただいま」「おやすみ」が言えてますか?

私はそのような生活が、人生の時間の使い方として間違っているのでは?と疑問に感じています。一度は外に飛び出してみようと決意できたのも、大きく稼ごうと思ったのもありますが、人生の在り方ついて確認するためでもありました。

 

どうすれば楽に生きられる?

すぐに会社を辞めよう!フリーランス最高!とおススメしたいところですが、家族の反対や現在のお仕事の重要性を抱える皆さんですから、きっと難しいでしょう。ですので、私がおススメする楽に生きるための第一歩としては、自分への問いかけで良いと思っています。

  • 笑いながら仕事してもいいんじゃないの?
  • 楽しみながら会社で働いたら人生お得じゃない?
  • 自己犠牲を捨てても、他人は評価してくれるよ?

自分に教えてあげましょう。

幼いころから学力が他に比べて高く、常に勉強に関して褒められていた方には効果があると思います。私もずっとやりさえすれば勉強は簡単だと思っていたタイプなので、褒められるには頑張るしかないと誤った認識が心に深く入ってました。

楽に生きるには、適当さが大切なんです。

楽にできないのは、適当にやるとお金も無くなって生活が破たんすると恐怖を感じているから。周りを見渡すと、いつもユルい仕事をしても出世している人は結構いるでしょう。上に立つ人は余裕があるんです。気付けば簡単^^

今の私の生活は?

インターネットを使って収入を得ていますので、居ようと思えばずっと子供と一緒にいることができています。

自由な時間に起き、自由な時間に作業をして、好きな時間に寝る。

これは才能があるからできるとか、そういう類のものではなくて力を抜こうと決めるだけです。

子供がお昼寝するタイミングも知っていますし、初めてしゃべった、歩いた、階段を上ったという体験にも立ち会うことができました。これだけでも幸せです。

せっせか働くことに幸せを感じる方ももちろんいるでしょう。ただ、今のそのペースが継続できるかについて今一度考えてみてはいかがでしょうか。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です