今を生きるって具体的にどういうこと?




人生を好転させたい、今の生活や仕事に不満があるという方は多いと思います。

それはなぜかと調べていくと、多くの場合「好きなことをしていない」という現在に集約されていきます。

私自身もまだまだ発展途上で偉そうなことをいえる立場にはないのですが、このブログは3年前の自分と同じ境遇にある方に書いているので、今の私からアドバイスです。参考になれば嬉しいです。

今日のご挨拶

今日もブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。にじまると申します。

今回は心のお話についてになりますが、このような悩みを持ってブログを読みにきてくださっているあなたは、きっと「いい人」ですね。

なぜわかるかというと。

 

私がいい人だから。

 

今いい人になっているということは、子供の頃はいい子だったんです。こうなると、偉い私たちはお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、親戚の人、褒めてくれる先生などにもっと褒めてほしくて、彼らの願う人生を無意識に歩んでいることになります。

褒められると嬉しかったでしょ?

これを大人になった今でも追い続けているから、自分の好きなことから実は離れていっているんですね。

 

わたしのプロフィールにも書いているのですが、私は県でもトップクラスの成績、学校では1番になるしスポーツもそこそこできる。タイプでした。大学も有名なところに行き、そこそこの成績で大学院で研究。就職も一部上場企業のおっきな会社で働くと。

これ、実は自分で選んではいるんですが、どこかに親の期待というものがあったんですね。
年齢も少しずつ上の方になり、管理職的な仕事も任されるようになり、いよいよ違和感が。

「これ、あと30年もやってられないわ」

それでやめる決断をしました。

 

この時に辞めたい!という気持ちに従うということが意外とマヒしていると難しいんです。大抵は嫌われたくないと将来に対する不安でしょう。たまたま私の好きなことはわかりやすい説明資料をつくること、情報を集めて人に教えてあげることでしたので、ブログをやったり、WEBディレクターとしてメディア運営をしたりという仕事をしています。

 

本題に入ります。

あなたは好きなことをしていますか?

嫌々仕事、生活、恋愛してないですか?

今を生きていますか?

 

「今を生きる」を少しだけわかりやすい説明に帰ると、日々感動している状態にあるかということが重要です。ひとつひとつに興奮や感動があると、きっとうまくいきます。

感動は考え方次第なんです。
過去を忘れてみてください。例えば、車の運転免許もってますか?

初めて坂道発進でエンストしなかったときのこと、教習所から外に出て公道を走ったときのこと。自分の車を買って初めて広い駐車場で駐車の練習を一人でした時のこと。思い出して。

きっとドキドキとワクワクが合わさった状態にあったと思います。

 

過去をいったん忘れると。車の運転ひとつとっても、「すご~い」ってなると思うんです。そして、この状態になると。車を作ってくれた人、エンジンを開発した人、石油を掘ってくれた人、車輪を開発した人・・・とみんなのおかげで楽しめていることに気づくことになります。

ここまでくると、どうなるか。

「感謝」しかない。

 

ね。本で読んだことがあるでしょう。
今こうして普通にパソコンやスマホの画面を見ることだって、あなたが私の文章を読むことだって奇跡みたいなものなのよ。

 

これをお仕事に生かす時には、今までただ上司に叱られるだけということが予想できるとき。上司に怒られながらも説得できるかワクワクすっぞ。っていうDボールの主人公のような感覚があるかどうかが大切ですね。言い返さずに叱られるなんてゲームにしちゃうのもあり。自分に合った方法で楽しんでみて。

 

それでも、ダメだ。。という場合。怖いだけならやめた方がいいと思います。

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です