ワードプレスhttps化の初心者講座|設定~リダイレクトの手順




どのドメインを使用しても初期設定ではhttpとなります。
これをhttps化するためには、のサイトでは別サイト扱いになります。そのため、サイトを完全SSL化するためにはhttpからhttpsにリダイレクトさせる必要があります。(301リダイレクト)

注意
サーバーでSSLを使用する申請をしてから、サイトのURLを変えないとWordPressに接続できなくなります。正しい手順で進めてもらえば簡単ですのでちゃんと守ってね。

SSL化(httpsへの変更)の手順について

サーバーでSSL化されたURLの使用許可を得る

まず第一にやらなければならないのはURLの確保です。すでに通常のhttpでアクセスできるドメインとURL、そしてワードプレスが入っているという前提で進めさせていただきますね。

今回はエックスサーバーの例でお話しますが、エックスサーバーの場合にはワードプレスの無料インストールのサービスの他に、独自SSLの無料サービスも行ってくれます。つまり、ドメインさえ取得してしまえば、SSL化まで無料で出来てしまうということです。

「ダッシュボード」⇒「一般」から次の項目を修正します。

  • WordPress アドレス (URL)
  • サイトアドレス (URL)

ここには、初期設定であるSSL化されていないURLが記入されているかと思います。「http://www.○○○.com/」のような形でしょう。

この2つの欄に直接「https://www.○○○.com/」と半角の「s」を一文字ずつ入力して保存すればOKです。

保存する前にしっかり確認してくださいね。間違えると面倒なので。(何度も言いますが、サーバーでSSL化の申請・設定を完了してから行うのですよ~

サーバーからリダイレクトの設定を行う場合(エックスサーバーの場合)

ご自分がhttps化したいサイトの「.htaccess」ファイルにアクセスできたら、以下の画面になるはずです。

そして、以下のソースコードを「# BEGIN WordPress」直前にコピー&ペーストしてください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

リダイレクトの設定はコレだけです。元のhttpバージョンのアドレスをお使いのインターネットブラウザに入力して、表示がhttpsとなれば成功です。

今回紹介したエックスサーバー(Xserver)は独自SSLが無料で利用可能なのでオススメです。最近グーグルが評価の対象としているサイトの軽さ(早く表示させる能力)もかなり上位に位置できるため、ブログをはじめとする個人メディアを構築するのに必須になります。

価格的にはロリポップも悪くないですし、私も使用していますが、いざhttps化しようとしたときに非常に面倒でした。サイト運営者は記事の執筆やアイディア出しに時間を使うべきだと思いますので、せっかくサーバーを借りる決意をされたのでしたら簡単で機能の優れたものを導入して欲しいと思います。

初心者の方にはありがたい、電話サポートも付いているので非常に便利ですよ。

 

FTPソフトを使ってリダイレクトの設定を行う場合

先ほどはエックスサーバーのドメイン管理画面から「.htaccess」にリダイレクトの記述を加える方法を説明しましたが、エックスサーバーはもちろん他のサーバーにFTPソフトを使って直接アップロードする方法でも良いです。

「FFFTP」や「FileZilla」が有名ですが、ワードプレスの相性は「FileZilla」の方が良いですね。「FFFTP」は開発者が更新を断念するといわれていますし、サーバーからダウンロードするときにエラーで取り出せないファイルが合ったりと若干不便です。

右クリックを押して、サーバーから自分のパソコンにダウンロードしてください。

ダウンロードした「.htaccess」をTeraPadなどのエディタで開き、上にあるソースコードを同じように入力。保存が完了したらサーバーの同じ位置にアップロードして上書きすれば完了です。

さいごに

SSL化はこれからブログをやる方は絶対に入れておくのがオススメです。記事をたくさん入力してからでも問題ないのですが、最初に設定しておく方が圧倒的に作業時間を短縮できます。今回はリダイレクトについてお伝えしましたが、これを行わないとSSL化前のアドレスに来てくれた方のアクセスを取りこぼすことになります。

もったいないこともありますが、この状態にしておくことをGoogleが評価するか。考えれば簡単ですね。

SEO対策にもhttpsに変えるSSL化は効果があるのは明らかですし、今後ますます重要視されていくでしょう。

この記事を書いている当時、まだこのブログのSSL化していないというやる気のなさはご愛嬌wアフィリエイターとして運営しているサイトはほとんどがSSL化させています。現時点ではコンテンツの中身の方が圧倒的にSEOの効果が高いのは明らか。そちらに注力できるように早めの対策をオススメします。

 

 

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です