小学校に入ったら子供に読ませてあげたい本はコレ




最近はインターネット上で評判が良くて、気になった本を購入して読むようにしています。ちょっと前までは、ブログでも書いているような仕事術やマネジメント手法など実用的なものが多かったものです。

ここ半年くらいの間に特に読んでいるのは、子供に読ませてあげたいと感じる本。

これを探しています。私が元々大人になるまで読書アレルギーのような体質だったので、楽しい読書を子供にも知ってほしいなと感じているんですよね。小学校の5年生くらいになると他の友達はしっかりと小説を読んで読書感想文を書いていましたが、当時の私はいつも「ズッコケ3人組」(同年代の方、懐かしいですよね)。

今回「小学校に入ったら読ませてあげたい本」は人生訓や成功哲学のようなものが、自然に感じられるようなお話を集めてみました。

お子様が小さいお父さんお母さんやプレパパ・プレママにおすすめですので、まだ読んでいない方は是非手に取ってみてください。どれも世の中の仕組みのようなものに触れられるので感動できます。

アルケミスト

パウロ・コエーリョというブラジルの作家さんの全世界でベストセラーになった名作です。田舎の少年が様々な出会いの中で教訓を得てゴールを目指す冒険の話です。

アルケミストとは錬金術師のことですが、わかりやすくいうと知識人・科学者のような存在です。私も化学をかじっていることもあり錬金術師ってどんな人なのかと興味がありました。

物語中ではそこまで科学に関する専門的な話はないのですが、昔の錬金術師のイメージを知ることができたのもとても貴重な経験になりました。現代の科学(化学、物理学、生物学、医学)は錬金術がルーツなんですね。金を作るという治金の技術だけのように思われていますが、実は現代でもなじみのあるものなんですよ。

概要

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

引用:amazon

この本を読むことで

  • 自分の才能を開花させる方法
  • 自分の人生を成功させる方法
  • 自己実現法

これら学校では僕らも習ってこなかったような、人生をうまくいきるための方法が伝わってきます。未来ある子供たちが自分らしく人生を楽しめるように是非読ませてあげると良いと思います。

(ちなみに、今人生くすぶっていると感じている大人にもすごく良い栄養になると思います。読み方によっては自己啓発書よりも価値があると感じてます。)

 

ホワンの物語―成功するための50の秘密

これは上で紹介したアルケミストの中で紹介されていたいわば参考文献のような本です。内容はかなりアルケミストと似ている部分もありますが、ビジネス的な要素がさらに加わった物語になっています。

銀座まるかんの斎藤一人という実業家がおススメしている本としても有名なのだそう。この本自体はすでに廃版となっているようなので中古での購入になりますが実に面白かったです。

子供が小学校の高学年か、中学校に入ってからでも役に立つ読んでほしい本。

概要

愛するおじいさんが残してくれたのは、一束の自伝『成功の秘密』だけだった…。ロバ1頭から始まる旅。この物語を読み進むうちに孫は学ぶ。「本当の富とは何なのか」「自分にとっての成功とは何なのか」。アメリカンドリームを実現した起業家が、メキシコを舞台にしてその成功哲学を寓話化。受難の時代を積極的に生きるためのもうひとつのバイブル。

引用:amazon

 

星の王子さま

言わずと知れた名著のひとつ。サンテグジュペリの本。

頭が固くなってから読むと、王子さまのいうことは意味深で不可解だったりしますよね。子供のころからしっかりと王子さまの言葉を耳にしておくことで豊かに暮らすことができるようになる気がします。

世界中で愛されている「ことば」がいっぱい詰まった文章をお子様にプレゼントしてあげてください。

今親である読者のあなたが読んだことがなくとも、この本は是非読ませてあげた方が良い。読書が嫌いな大人でも、子供に本をプレゼントしてあげることはできますよ。

「ブログの友達がやたら勧めてくるから、父さん本読めないけどあげるよ」って。

下にリンクをつけておきますが、星の王子さまはいろいろな出版社から訳者を変えて種類がたくさん多く出版されている本。最も子供が読みやすいものを選んでおきましたので、こちらから購入してあげてください。

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です