初めてでも簡単にできるゲーム実況動画の始め方[機材・やり方]




ゲーム実況のYouTuberになる方法

ゲーム実況YouTuberは、あなたがテレビゲームを実際にプレイしているところを動画として録画し、これを編集して動画をアップするタイプの投稿者です。

ファミコンやゲームボーイといった、昔からゲーム機の時代からこのような紹介番組があり人気がありましたが、この企画をユーチューブなどで行うという形式のものです。

ゲームを楽しんでプレイして、見ている方にも同じような気持ちを体験してもらうことができるので、非常に爽快感が得られるのが特徴です。視聴者の中には自分はゲームのプレイは苦手だけどクリアしている様子を見たいという方は多く、このようなニーズを叶えることができます。特に最近のゲームはグラフィックや脚本も洗練されているので、作品として楽しみたい方は多いのです。

ゲーム実況なら顔出しは一切不要

ゲーム実況動画の多くはゲームが主役となるので、人物は登場せず声のナレーションだけだったり自分の分身をイラストとして出演させるバーチャルYouTubeバーと言うやり方を多く使います。

今回は顔出ししない、ゲーム動画にナレーションあるいは実況の音声のみで構成する動画の始め方を紹介します。

ゲーム実況で準備する道具

以外に思われるかもしれませんが、ゲーム実況は案外簡単に録画する事ができるのです。電子データにした音声と映像のデータを取得すれば、動画編集ソフトで普通に編集すればできます。ゲーム実況YouTuberに必要な機材は以下2つです。

ゲーミングヘッドセット

ゲームの音を聞きながら、ヘッドセットのマイクで音声録音するためにしようします。すでにオンラインゲームをやっている方はお持ちの方も多いと思います。実況は声も重要な要素になるので、余裕があれば良いものを購入しましょう。

録画用のキャプチャーボード

ゲーム機に接続して、画面に映るデータを録画するための機材です。一般的動画のカメラの役割があります。

ゲーム画面の録画の方法

ステップ1 ゲーム機を録画用の機材につなぐ

ゲーム機とテレビをHDMI端子につないでありますが、この間に録画用のキャプチャーボードをセットします。ゲーム機のHDMI端子をキャプチャーボードの入力端子に入れます。また、録画キャプチャーボードの出力端子をテレビなどディスプレイのHDMI入力端子に入れればOKです。

ステップ2 ヘッドセットを接続

ステップ1でゲーム動画の映像と音声を録画できるようになりました。次は実況者の声を録音していきます。

ヘッドセットを録画キャプチャーボードのヘッドセットセット用の端子に接続するだけです。音声は後でナレーションとして入れる場合にはこの作業は不要になります。ゲームをやりながら実況をする時に使ってください。

ステップ3 録画の準備

保存用のSDカードを録画用のキャプチャーボードにセットします。使用できるSDカードの種類はキャプチャーボードによって違います。また、SDカードによって保存できる速度に差があるので画質を気にする場合にはハイスペックのものを選んでおく方が無難です。

ステップ4 録画を始める

さぁ、録画を始めていきます。まずはテレビとゲームの電源を入れて通常のゲームを始める時の状態にします。この状態で録画用のキャプチャーボードの録画ボタンを押せば、データの保存が始まります。

ステップ5 録画データを取り出す

録画が終わったら、キャプチャーボードからSDカードを取り出してmp4形式のデータをパソコンに移動します。

編集してアップすれば完成です。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です