新入社員におすすめ!デキるを印象付ける小賢しさのススメ




新入社員や新しい配属先へ転入した方は最初にどのような印象をもってもらえるかで、その後の会社生活が大きく変わります。

なんだかやる気がないと思えば、見下して対応する方もきっと中にはいるでしょう。この状態では人間であれば、面白いと感じるわけもなくモチベーションの低下が起こり、思うような成果が上がらなくなる可能性だってあります。

私も最初は元気で明るい印象を持ってもらうことには成功しましたが、学生の勢いそのままに入社していたこともあり「若さ」+「元気」によるチャラいという印象も合わせて持たせてしまったので最初の数年は多少苦労しました。

ちょっとの苦労で印象変更ができた私はラッキーな方で、同じ年に入社した同期の中にはずっと変なヤツというレッテルを貼られている人もいました。

最初に気を付けるべきポイントは挨拶

新しい環境に行くと必ず自己紹介を行います。実は非常に重要なアピールの場になりますので、しっかりと大切なポイントを抑えておきましょう。

①名前はとにかくはっきりと

一番初めに職場で挨拶するときには、本当はこれだけでも良いというくらい重要。私であれば「これからお世話になります。にじまるといいます。にじは空にかかる七色の虹、まるは真ん丸のマルです。」

仕事の基本は名前から。

②面白いことは必要ない

どうしても、笑いを取った方が印象に残るのが分かるので狙ってしまいがち。ただ、私も経験したチャラいの印象がついてくる可能性があるので、むしろ普通にこれまでの経験(経歴や大学で何を学んだか)を簡単に説明していた方が良いでしょう。

逆に、言わない方が良いのが、お酒の話題やギャンブルの話題、学生の香りがプンプンするサークルでの実績の自慢です。会社には大学よりも、いろいろな経歴を持った方がいますのでコンプレックスを刺激することになりかねません。変な先入観を持たせるので避けておく方が賢いです。

また、お酒の話は人生の貴重な時間を奪う飲み会好きが集まってきますので、その後の生活に影響してきます。どうしても話したい武勇伝がある場合は止めませんが、覚悟しましょうねw

会社の飲み会、本当やだったなぁ。10年間で数百回は飲み会に使ったけれど何を得たのか。200回宴会に行ったとして、一回の飲み会は軽く3時間。合わせると、600時間=25日!

計算しなきゃよかった☆(驚愕・・・)

③一緒に働けることに感謝しておく

感謝を先にしておくと良いです。打算的だろうが、なんであろうが、感謝はしておきましょう。「○○社の##部という会社の中心的な部署にご一緒デキて感謝しています。ご指導いただくことがあると思いますが、よろしくお願いします。」

自分の人生の3分の1の時間をかけている職場のことを褒められて嫌な気持ちになる方はいません。凄い場所に配属になったと喜んであげましょう。

 

仕事が始まったら人間関係を把握せよ

実際に部署に配属になると、一定の期間の教育期間をもらえることと思います。

この時に小賢しく評価を上げるのであれば、人間関係を良く把握するのが重要です。組織はマネージャーのワンマンか、自立タイプかの見極めはもちろん、意見が通りやすい人、優秀な人、ちょっと馬鹿にされている人、ムードメーカー、職人気質の方、問題児。

マネージャーや意見が通る人や優秀な人に媚びるのが小賢しさだと思います?

残念ながら、デキる人の仲間になる、それだけでは足りません。

もちろんマネージャーやキーマンと信頼関係を築くのも重要ですが、まずやるべきことがあるんです。

それは新人のあなたにしかできないこと。

「ちょっと馬鹿にされている人」「問題児」と話をしておくことです。その組織の中で一見働きが鈍いように見えるのですが、実はその部署の伸びしろになります。

ずっとその組織にいる方は、もうすでにあきらめていることが多いです。この方のモチベーションを上げて、成果を出してもらうようにサポートするのが、最も効果的です。例えば、上司が期待していたと、それとなく伝えるとか(本当に言ってもらうのですよ)新しいアイデアを一緒に実践するとか。

アイデアや手柄をすべて上げるつもりで組織力をアップさせましょう。見てくれている人は、間違いなくいます。あなたの評価は間違いなく上がりますので安心してやってみてください。

 

聞いてるフリでもメモを取れ

全部頭に入るという方もいるでしょうが、メモを取るのは教えてくれる相手へ聞いていますと伝える表現になっています。仕事ではありますが、自分の直接の成果につながらない教育に時間を割いてくれていることに感謝するのであれば、メモとペンを持ちましょう。

落書きしててもかまいません。

とにかく、相手への敬意だと思ってメモを取りましょう。

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です