ブログで稼ぎたいという方必見!SEOって何?




ブロガーさんが記事のPV(ページビュー)を上げるためにはSEO対策が必要であるといいます。初心者には難しすぎるSEOを簡単にかみ砕いて説明してみます。今回の記事は、ブログの記事数は多いのに、全然アクセスがなくて寂しいかたへ最低限知っておくべきSEO対策について説明していきます。

私にじまるは、今はブログでも情報発信を始めましたが、ずっとWEBコンテンツのディレクターとして働いていました。狙ったキーワードでグーグルに評価してもらうための対策をお仕事にしていたんですね。少しでも皆さんの貴重な経験が世間で役に立てばと思ってます。

それではまいりましょう。

 

SEOって何?

SEOとはサーチエンジンオプティマイゼーション(Search Engine Optimization)という英語語の単語の頭文字をとった略語です。簡単に言うと、グーグルに気に入られるためにはどうすればよいのかを考えて、評価が上がるように対策するという意味です。最適化させましょうということですので、何かプログラムを入れるとか難しいことではなく、コンピュータにも人にも優しい文章にしていきましょうと、まずは考えておけば良いです。

では具体的に何をするのかを説明していきましょう。

キーワードをちゃんと書き込む

あなたが読んでほしいと感じる方のために、記事のテーマやこんなネット検索のやり方をするだろうという言うことをしっかり文章に入れる必要があります。

例えば、料理についてブログを書いているのであれば、どんなテーマなのかを考えてみましょう。ただ単に、「料理のブログ」だけですと既にグーグルの評価が高い、信用された人の記事が優先して表示されますので初心者の方はより具体的にテーマを言語化すると上手くいきます。

「忙しい主婦が1分で作れる簡単料理」とかができれば面白い。

私、普通なんですけどという場合でも

「リンゴダイエット中のわたしが作る幼稚園の長女のお弁当」とか、一見普通の特徴を2つ以上掛け合わせることでオリジナルのテーマになります。

ご自身の強みを頑張って考えてもらって、一つの特徴を作ればあとは自由にやってもらっても大丈夫です。このように説明すると「普通の主婦」とか書きがちなんですが、それはNG。普通は特徴ではないです。一人ひとり個性はあるはずなので、是非探しましょう。

毎朝10時起き専業主婦、スマホ依存症の母ちゃん、足を角にぶつけて小指を2回骨折したことがある。など何でも良いです。他の人とちょっと違う、「自分では自分嫌いになるポイント」はおススメです。欠点は意外と人に愛されるんですよ。人気出ちゃうかもしれません。

ここまでは簡単ですね。次のステップに進みましょう。

 

記事タイトルにキーワードを入れよう

テーマが決まった後で、記事のタイトルにしっかりと選んだテーマのキーワードを入れてあげましょう。今回例えで出した2つのテーマはそのままでも良いのですが、どんな料理を具体的にしてあげても良いと思います。

  • レンジで作れる簡単料理
  • 包丁いらずの簡単料理
  • 2つの食材だけで作る簡単料理

などでしょうか。

 

文章中にもキーワードを入れる

キーワードをタイトルにつけたら終わりではありません。記事の中もタイトルに沿った内容になっているかを常に意識しながら執筆していきます。

初心者の方が陥りやすいミスに

タイトルにつけると、文章中にテーマは何かという目的を書かない

というものがあります。一度書いたからいいでしょ、わかるでしょ。と考えがちですね。現在のグーグル検索は記事の冒頭でこのブログは何のために書いているのかを宣言する方が良いです。自然とキーワードを文章中に入れることになりますし、効率が良いです。

例えば、
「今日は電子レンジを使ってたった1分で作れる忙しい主婦にぴったりのレシピを公開しちゃいます。」のような形で宣言しましょう。

また、書き出し以外の文章中でも「電子レンジ」「1分間」「レシピ」「忙しい主婦」など書き始めに宣言した内容に含まれる単語・検索されやすそうなワードを読みやすい範囲で書いてあげると良いです。

注意点
キーワードを多く入れたいからと言って不自然に多く入れるとペナルティを受ける可能性がでます。最近の検索システムは自分よりも文章を読む力があると思ってお付き合いする方が良いです。コンピュータの進化はすさまじい・・

出来上がった記事は何度も読み返して、読みにくい文章になっていないかを確認しましょうね。誤字脱字があってもうまく読んでくれるのは仲の良いお友達だけです。丁寧さは重要です。

 

指示代名詞を使わない

「これ」「それ」「あれ」が指示代名詞。人が読むだけの文章であれば、重複すると読みにくいから省略したのだなとわかるのですがコンピュータでは誤解される可能性があります。

キーワードを入力する意味にもつながりますので、是非しっかりどの部分を指すのか記載してあげましょう。

例文
×ボウルに片栗粉入れて、水とお砂糖を入れておきます。そこに、先ほど切ったお肉を~

〇ボウルに片栗粉入れて、水とお砂糖を入れておきます。水溶き片栗粉の入ったボウルに、先ほど切ったお肉を~

少々くどくて読みにくいと感じるかもしれませんが、このようにしつこいくらいに書いてあげるのでちょうど良いです。

以上、初心者の方のアクセスが少しでも増えるといいなと思ってます。もっと一気にブログの発信力を上げたい時の方法、キーワードの狙い方については記事更新をお楽しみに。

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です