【WordPress】外注ライターさんのGravatarを使ったアバター設定が面倒!簡単で便利なプラグインはコレ




WEBメディアを作っているとライターさんに記事をお願いする事が増えてくるかと思います。

すべて「○○編集部公式」などとしても良いのですが、ライターさんの中には文章のキャラクターが濃かったり、しっかりとライターさん個人を立てておきたい場面も多いはず。ライターさんが5人も10人もと増えていくとそのたびにワードプレスに最初からついているGravatarを使って「この記事を書いた人」にアバター(プロフィール画像)を載せるのは非常に面倒です。

Gravatarは1アカウントにつき1つのメールアドレスが必要になるので、ライターさんに設定をやってもらうにも失敗して教える時間が必要になるなど手間がかかっていました。

実際最初のころはGravatarの設定がなぜか反映されず、私も困った記憶があります。

今回は「この記事を書いた人」に載せるアバター問題を簡単に解決するプラグインを紹介します。

アバターの画像管理は「Simple Local Avatars」が楽

プラグイン「Simple Local Avatars」さえ入れれば簡単にユーザーごとにアバターとなる画像をアップロードする事が出来るようになります。

Gravatarに登録する必要がない上、CSSなど触らなくてもGravatarを使ったときと同じ環境で画像を挿入することができます。

メリットは?

  • メールアドレスを使った設定不要
  • 画像をアップロードするだけでOK
  • 使用画像サイズは自動でリサイズ
  • アバター画像は過去記事も反映してくれる

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です