地域密着型のお店の集客のための記事執筆・ブログ執筆の方法




お店を経営している方で、ブログやホームページを持っているけれど集客として全く機能していないという方も多いかと思います。

そのような方の相談を受けると、大抵の場合ブログが自分のお店でやっているキャンペーンやお店にきてくれた方とのやりとりなどの日記的な記事ばかり。これではお店の既存のファンの方はみてくださっても新規のお客さんは来にくいかもしれません。

お店が愛されている理由を考えて

数あるお店がある中でネットで集めるためには、少なくとも市内でトップ3に入るような長所が無くてはありません。考えていないと全く思いつかないかと思いますが、絶対にもっているもの。

例えば、写真撮影をしているお店であれば「子供の写真を撮影するのがうまい」「○○神社で七五三のロケ撮影するなら」「食べ物をおいしく撮影できる」などがあります。

自分のお店が自信を持てる場所まで土俵を小さくしていくことで強みを浮き彫りにしていきます。

愛され理由がわかると起こること

①セールスがいらない
これは小さなお店だけではないのですが、売るための理想は、なんといっても「セールスを無くす」ことです。お店の強みをしっかりと認識してアピールしてあげれば、その特徴にぴったり合う人が、自動で購入してくれる人を生むことにつながります。

②認知力がアップする
お店の強みをしっかりアピールすることで、一気に知名度がアップします。

③口コミが起こりやすい
自分のお店の自信を持つまで範囲を狭くしてあげると、そのお店を必要としている方にピンポイントで訴求することができるようになります。
お客さんはお店の強みが必要でお店に来てくれる事になるので、自然と満足度アップにつながります。この満足はお友達の紹介など口コミとして広がっていくので雪だるま式に集客力がアップします。

お店の強みを強化するコンテンツ

強みが見つかったらその強みを見込み客に対して、説明し納得いただくための記事を作成していきます。日記やお店のお得なキャンペーンの情報も大切ですが、より重要になるのは

「強み証明のコンテンツ」

これをどれだけ丁寧に書き上げるかということになります。

例えば先の写真撮影のロケのお話でしたら、まず狙うべきは「○○市 写真撮影スポット」など土地の名前を組み合わせた記事を作成してキーワードを獲得していかなければなりません。お客様が自分で子供の写真を撮影したいと考えた時にも使ってもらえるような、知る人ぞ知る撮影ロケ地を紹介してあげるのが良いのです。

「春:桜吹雪の中子供を撮影したい」「夏:緑豊かな子供の写真が綺麗に撮影できるポイント」など、あなたが知っている情報を組み合わせてひとつのコンテンツに仕上げていくことでGoogleなどの検索エンジンからの流入が広告を出さなくても増えていきます。

満足したお客様はあえて冒険しない

満足度が高いお客様を集めることになるので、あえて他のお店にいこうとは思わないのが一般的な考えです。

「前にこのお店を利用していい人だから、またお願いしたい」と一定のお客様がついてくれるのです。固定のお客さんを維持しながら、口コミやインターネットからの集客が自然にできるようになります。

このような状態を作ることができれば、集客に苦労することがなくなりサービスをより質の高い状態にあげていくことに時間を使えるようになりません。

また、強みを活かしきった集客をしているので、お客さんからの信頼が得られやすいだけでなく、他の同業のお店にマネされても全く動じることがなくなります。

是非、強みを証明するための記事執筆をしてみてください。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です