【初心者向け】登録者数1000人にするのは難しくない!3ヶ月続けよう

登録者数1000人にするのは難しくない!3ヶ月続けよう




youtubeで動画を公開し、自分のチャンネルを持ったからには、たくさんの人に登録してもらいたいですよね。

この場合、登録者数1,000人という数が一つの目標になります。1,000人はキリの良い数字であることはもちろん、youtubeにおいて広告収入を得るために必要とされる条件が登録者数となるのです。

1,000人を超えるとYouTubeのパートナープログラムに参加することができます。申請することによって承認が得られれば、広告収入を得ることができるようになるのです。以下、登録者数1,000人を突破のために役に立つ情報を紹介したいと思います。

短い動画でいいから作成する

まずは、短い動画をたくさん作りましょう。目安となる時間は、3分から5分くらいです。長い動画は視聴者に飽きられます。アーティストの曲も1曲あたり3分から5分です。7分あると長く退屈に感じてしまいます。ですから、動画を作る時間も、この3分から5分の間に収めましょう。

「もっと見てみたいな、次はどんな動画があるんだろう」と視聴者に思わせることが大切なのです。そのうえで、長い動画を作ると、「この人が作った動画なんだから安心してみられる」と思ってくれます。ですから、最初は短い動画をたくさん作り、あなたという存在を視聴者に知ってもらいましょう。

ただ、いくらコンパクトで見やすい動画でも、視聴者の役に立たなかったら、次も見てもらうことはできません。視聴者が「知って得した、真似してよかった」といった、誰かの役に立つ動画を作ることを心がけましょう。少なくとも「私は、視聴者が『得した』と思える動画を作っています」と言った気持ちが伝わる動画を作ることが大切です。

3ヶ月間継続しよう

そして、コンパクトで、役に立つ動画を作っても、単発で終わってしまっては、視聴者はあなたのことを覚えてくれません。覚えてくれないと登録につながりません。ですから、3ヶ月は頑張ってみましょう。

人は66日間同じことを繰り返すと習慣になるといいます。視聴者も66日からさらに1か月プラスした3か月間あなたの動画を見続ければ、1年、3年と、ずっとあなたの動画を見てくれることになるでしょう。

動画の最初の部分に注力せよ

また、動画を作る際には最初の2分がとても大切です。

最初の2分に、あなたが一番伝えたいことを入れましょう。そうすることによって、あなたが動画で何を伝えたいのか視聴者は理解することができます。あなたの伝えたいことを理解すると、視聴者は、安心して最後まで動画を見ることができます。逆に言うと、動画を最後まで見ないと作成者の意図がわからない動画は、あまり好かれないということです。動画の見せ方を違う角度で言いますと、前半部分には「何を見せるか」を意識して作り、後半部分には、「それをどう見せるか」という部分に気を付けるとよいでしょう。

さらに、言うまでもないことですが、登録者数を増やすには、丁寧に動画を作ることが大切です。

編集で、あなたの見せたいところをちゃんと見せれてますか?サムネはしっかりと画像や写真を用いていますか?文字だけのサムネは丁寧な動画とは言えませんね。スマホで見る視聴者も意識してますか?小さい文字では見にくいですよね。

まとめ

今回は登録者数1,000人突破のしかたについて説明させていただきました。動画の品質と更新頻度、テーマのオリジナリティが確保できていれば、登録者数は自然に増えていきます。











登録者数1000人にするのは難しくない!3ヶ月続けよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です