仮想通貨がなぜ今投資として注目されているのか




ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号通貨)を投資の対象として注目するという内容の情報が多く出回っていますね。徐々に認知もされるようになり、投資初心者も少し試してみたい気持ちがあるかもしれません。

そもそも仮想通貨とはいったい何なのか。簡単に説明しますね。

仮想通貨っていったい何者?

今から仮想通貨、暗号通貨と呼ばれるものを購入してみようという方は、この対象がどんなものであるかをしっかり知っておかなければならないと思います。

仮想通貨とはパソコンを使った電子情報で世界的に通貨と認められたデータになります。モノの購入やサービスの提供を受けるときに代価として使用することができる財産的価値と定義されています。すでに国内では公共料金の支払いに使われていたりと、実は大きく時代バーチャル世界の通貨を使えるように動いているんです。

電子マネーと同じでは、何が違うの?

物の購入に使える当店では同じなのですが、電子マネーは通貨ではないんです。電子マネーで購入できるのはやはり「円」表示のものを購入するしかありませんね。一方で仮想通貨の場合には全く異なるお金です。

例えるならばカジノのチップが良いでしょう。カジノに行くと最初はその国の通貨を使ってチップと両替すると思います。このチップはカジノ内だけで意味があるんです。外にチップを持ち出してみたところで、ただのプラスチックの板。価値がないでしょう。

もし、このプラスチックの板でものが変えるとしたらどうでしょう。プラスチックにモノやサービスの購入価値が出てくるのがご理解いただけますでしょうか。

仮想通貨は既に一定レベルの一般的に利点が認められだしているために、このような価値があるものとして認められるようになりました。現時点では日本円を働いて収入として得ている人が多いために、このような両替が必要になりますが「給料をビットコインで支給します」なんて会社が出てくれば労働の対価として仮想通貨を得ることも近い将来あり得る話です。(今現在は法律の改正などが必要なので、あくまで将来の可能性です。)

このように電子マネーはあくまで日本銀行が発行する「円」、仮想通貨はそれだけでも通貨の価値があるものという違いがあります。

ここからが大切!仮想通貨がなぜ投資対象となりえるのか

イーサリアムやビットコインなどの暗号通貨がなぜ投資対象となるかというと、円やドルといったリアル通貨と比較して価値が変動するからです。特に現時点では一般大衆まで広がっているわけではないので、値動きが大きいんです。また、今後さらに広がりを見せると思えるのであれば、仮想通貨の価値は上がるので、円換算で差額が発生し利益が出るということです。

どうでしょうか。

今後の仮想通貨の広がりを期待するのであれば、ここで購入した方が良いでしょうし。バーチャルなものに価値はないと判断できるのであれば、両替すべきではないでしょう。

仮想通貨は500種類以上の数があるといわれており、それぞれに、なぜ暗号通貨が作られているかという思想の部分で大きな差がありますので、見比べてみるのも良いと思います。

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です